1. HOME
  2. news
News

新型コロナウイルス検査キット輸入販売に関するコンサルティング契約を締結

新型コロナウイルス検査キット輸入販売に関するコンサルティング契約を締結

ロキ・コンサルティング株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役 金子賢一)と、Shanghai LiangRun Biomedicine Technology Co.,Ltd (所在地:上海 CEO :He Linfu)は、新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対する2種類の抗体であるIgG/IgMを、15分で一括判定できる検査キット(研究用)について、日本への輸入販売に関するコンサルティング契約を締結しました。

Shanghai LiangRun Biomedicine Technology Co.,Ltdが研究開発した、新型コロナウイルス感染症迅速検査キットは、金コロイドイムノクロマトグラフィー法による免疫検査キットです。およそ15分程度で、検体の陽性/陰性の判定が可能となります。さらに、抗体「IgG」と、抗体「IgM」の2種類を1つのテストストリップで検出ができ、これまで以上に簡易的かつ迅速な精度の高い検出が可能となります。

新コロナウイルス感染症(COVID-19)迅速検査キット 『Diagnostic Kit for Antibody IgM/IgG of Novel Coronavirus COVID-19 (Colloidal Gold Immunochromatography Assay)』とは?

当該キットは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に国内外が直面する中、迅速かつ正確に、検体の陽性/陰性の検査結果が明らかになることで、結果的に感染防止が期待される製品です。

中国上海で研究開発された当該キットは、中国国内5箇所(China Medical University, The People's Liberation Army No. 302 Hospital, Wuhan Asia General Hospital, Shenzhen People’s Hospital, Zhejiang University School of Medicine)での臨床試験が実施され、合計370検体で、95.14%の有効率が確認されています。

※陽性検体と陰性検体の両方を含む
将来的に病院、診療所、各種検査機関などの医療施設内において、当該キットの導入により、患者だけでなく、医師、看護師、薬剤師、そして医療スタッフの検査を行う事により、院内感染による未然の被害防止が期待されます。また、従来のPCR法と比較して、時間や人件費の削減という観点からも大幅な効率化が期待されます。

Shanghai LiangRun Biomedicine Technology Co.,Ltdとコンサルティング契約を締結

日本の医療機関に対して当該キットを通じて、臨床及び研究支援をすると共に、連携を行い、国内だけでなく、アフリカ諸国への支援もしていきます。 現在、ギニア共和国、ガーナ政府(半官半民含)と連携の元、アフリカ地域にも当該キットの輸出の準備をしています。(研究用サンプル品は既に輸送済み)

当該キットによって感染防止に寄与

将来的に、当該キットによる検査で、陽性/陰性の状況を把握することができれば、家族や友人、会社、お店など従業員、スタッフへの感染防止のための措置を促すことが可能となります。

当社は、本契約に基づき、医療系企業と提携を組み、今後、病院、医療機関と提携して国内での臨床試験などを行っていく予定です。なお、当該キットは体外診断用医薬品としてではなく、新型コロナウイルスの抗体の有無を見るための研究用サンプル品として医療機関に研究/分析用として納品致します。

Page Top